ニッポン人が英語を話せない隠れた理由

こんにちは。
スピークジムの太田登です。いま自宅でこのブログを書いています。

窓の外は、多摩丘陵の斜面に積もって溶けずに残った雪が、午後の太陽を浴びて輝いています。

さて、今日は「なぜ多くの日本人が英語を話せないのか?」の隠れた理由についてです。

私は数年前に、メキシコのオアハカ市という街の郊外のパパルトラ村に1週間ほど滞在したことがあります。メキシコシティからバスで10時間ほどでオアハカ市中心、そこで地元のバスに乗り換えて更に1時間半、やっと目的地に着きました。一人旅でした。

その村でバスを降りた瞬間、数人の村人が私に近づいてきました。

スペイン語圏ですから彼らは英語は喋れません。でも話しかけてくれました。こんな感じでした。

You Japones. Why come. You why come here. Like Japon. You amigo. Hungry? You come please home. My house near. Good food. Please come amigo.

ちょっと直訳すると。

日本人だね。なぜここに来たの?日本のこと好きだよ。あなた、トモダチさ。お腹空いている?来なよ私の家。すぐそこだから。美味しい食べ物あるから。

つたない英語ですが彼が一所懸命に英語でコミュニケーションしてくれたおかげで、私は美味しいメキシカンフードと夜まで彼の家で楽しい団らんを楽しむことが出来ました。

これが、本当は英語を使ったホンモノのコミュニケーションであるはずです。

でも日本人は、ある程度みんな英語を勉強しているので、ある程度きれいな正しい英語でないと恥ずかしいという思いがあります。

これが、英会話が出来ない隠れた理由の①です。

次に、英語だけでなく日本人は周りの目を気にしすぎてしまう性格が強いと私は思います。例えば、上の会話を東京駅の人込みで行ったとしましょう。海外からの旅行者に対してです。盛り上がったとしましょう。多くの人の視線にさらされます。

多くの日本人は、自分のコミュニケーションを人前で目立って行うのが恥ずかしいのですね。

はい、これが英会話が出来ない隠れた理由の②番目です。

ですので、私は英会話も大切だけれども、もっとパッションで話すこと、コミュニケーションやプレゼンテーションを人前で堂々と自分らしく披露できる場数、この二つが重要であり、発表力や講話力が今後はより必須になっていくだろうと予言します。

このあたりのスキルをスピークジムで学べますか?こんな多くの質問を受けます。

はい、学べます。

4月から朝のレッスンで「コミュニケーション・カフェ」というのを新橋教室でオープンする予定です。

火曜日の7:30~9:00の間、好きな時間に来て頂き、好きな時間に退出オッケーのクラスです。朝のコーヒーを楽しみながら他の受講生の話しを聴いたり自分がプレゼンしたり、そんなクラスです。

日本語?英語?・・・そんな野暮なことは考えなくていい新しいトレーニングです。

最後までお読み頂きありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 覚えやすく忘れにくい400文トレーニングの「英会話ジムコース」
② 日本初!日本語の講話力をお気軽に得られる「プレゼン・カフェ」
③ 上がらず堂々と自分の意見を発表する練習の「子供プレゼン教室」
④ だいたい2カ月に1回の開催!「日本語プレゼン半日突貫コース」

※ 継続のための格安リーズナブル受講料
※ 暗記したくなるモチベーションの秘密
※ 講話力は机上の学習では上達しません
※ 上がらず堂々と自由に話を出来るよう
※ インプットアウトプットの場数が大事

【スピークジム・コミュニケーション】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
HP①:http://speakgym.com/(新橋スピークジム)
HP②:http://j-speakgym.com/(プレゼン新橋キッズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym