英会話スクールでも話し方教室でもコミュニケーション講師なら日々どっぷり深く人と係わる習慣が必要だと思う!

スピークジム話し塾の太田登です。

①大人の英会話初心者さんがガンガン話す繰返しで話せるようになるクラス!
②小学校4年生くらいまでのキッズが想像力を駆使する先取りの話し方教室!
③大人の我儘捨てを敢行し最後には路上でスピーチ出来るようになるコース!

この三つのメインコースをご用意している太田登は下町が大好きです。横浜市磯子区という町に産まれ、育ち、大人になり、結婚して子を育てています。母と私と妻と息子と合計4名で同居をしています。楽しい家族です。楽しい町です。

浜マーケット

なぜ、生まれ育った下町が好きなのか?

ただのノスタルジーが理由ではありません。私は横浜市だけでも中区、西区、保土ヶ谷区に住んだことも、東京都に住んだこともあります。カリフォルニア州のサンタモニカ市やビバリーヒルズ市にも住んだこともあります。でもやはり横浜市磯子区が好きなのです。なぜか?

日々、本物の会話があるからです。その会話が何気なくても深く暖かいからです。

おー、太田の兄さん、今日はキャベツが安いけどどうだい?

いや、キャベツあるからいいや〜

なら、人参と玉ねぎ持ってきな〜、カレーでも奥さんに作ってあげなよ〜

うん、じゃあ貰ってくわ

奥さん、具合はど〜よ、最近一人で歩いてるの時々見るけどさ〜

少しずつ良くなってるよ、ありがとう

下町の暖かさ

こんな感じの会話。謎の病で歩行困難の妻をサラッと、でも真剣に気遣ってくれる人がいっぱいいます。息子もこの町に昨年の夏に転校生として入ってきたわけですが、息子が学校に慣れたかどうか、なども気にかけてくれています。

誰が、というよりも、町全体が気にかけてくれるんです。ですので私も人に町に気を配ります。気にかけます。小学校で毎月、読み聞かせのボランティアをしています。もっと日々のことですと、道にゴミが落ちてれば拾います。自分の家の庭にゴミがあれば拾うじゃないですか?ただ塀がなかったら、という延長が町です。

人と人、人と土地、ここにコミュニケーションがあるから離れることが出来ません。

コミュニケーションの講師をしているわけですから、都会のスタイリッシュではあるけれど隣に誰が住んでいるのか分からないような場所に住むことは出来ません。日々、本物のコミュニケーションが行われている町に住んでこそ、本物のコミュニケーション講師の鍛錬が出来るのだと信じています。

こんな太田登のスピークジムをコレからも宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スピークジム話し塾 太田 登

①話して話して話せるようになる初心者英会話(大人のコース)
②事実を言うだけはNG!礼儀と発想の話し塾(子供のコース)
③心の鎧を取り去り自分でこその話し方の教室(大人のコース)
④上の3つを組み合わせた出張コースなど(企業や学校や幼稚園など)

【スピークジム話し塾】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
WEB:http://speakgym.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym