朝活でインプットとアウトプットをしています!

こんにちは。
スピークジムの太田登です。

私は朝活として色んな人の講話(プレゼンテーション)を聞いています。毎週木曜6:30から、あるセミナーに参加しています。

様々な異なるフィールドでの成功体験の話は、英会話でも日本語プレゼンでも、コトバを発するまでの過程での思考と創造に関して大きなヒントになるからです。

聞くという行為はもちろんインプットの時間ですね。

今朝は物理で心を語る「やまと絵」の絵師、吉本徹也先生の話を聞きました。

人間には純粋倫理が必要である。これは宗教ではない。要は「物理」、言い換えると自然の法則に従うことで人は幸せになれる。周りの人にこの物理を感じて頂くことは自分と他者の両方を磨くことになる。

人の体は脳から何から全てフラーレンという物質(もう科学的に証明されている定説)で構成されていて、そのフラーレンを磨き、喜ばせてあげる心の持ち様でいられれば、人は必ず幸せになるという物理が純粋倫理である、というお話でした。

まあ、人は何歳になっても色んなことに興味を持って吸収していきたい自分にとっては大変に貴重な勉強の場です。

そして、このセミナーでは感想シェア会と称して、その日の講話の感想を発表するアウトプットの機会もあるのです。少ない時で20人くらい、多い時は100人くらいの人前で発表します。これも私にとって素晴らしい実践のステージなのです。

英会話も日本語プレゼンも今後は教科書どおりのアウトプットではなく、その場その雰囲気に合った瞬発力と想像力が必要だと私は思います。ですので講師としてこんな朝活の修行をしている太田登なんですね。

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 覚えやすく忘れにくい400文トレーニングの「英会話ジムコース」
② 日本初!日本語の講話力をお気軽に得られる「プレゼン・カフェ」
③ 上がらず堂々と自分の意見を発表する練習の「子供プレゼン教室」
④ だいたい2カ月に1回の開催!「日本語プレゼン半日突貫コース」

※ 継続のための格安リーズナブル受講料
※ 暗記したくなるモチベーションの秘密
※ 講話力は机上の学習では上達しません
※ 上がらず堂々と自由に話を出来るよう
※ インプットアウトプットの場数が大事

【スピークジム・コミュニケーション】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
HP①:http://speakgym.com/(新橋スピークジム)
HP②:http://j-speakgym.com/(プレゼン新橋キッズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym

親が学校に行くだけで子を育て護ることになる!

こんにちは。
スピークジムの太田登です。今日はこれから息子の学校公開授業を観に行きます。

私は基本的に金曜はお休みにしています。というのは、金曜日は週の終わりで朝は皆さん忙しく朝活レッスンに来られない人が多いというのと、金曜は早く仕事を終えて同僚と飲み会とか友人と食事とか、色々あると思いますので習い事には不向きな曜日だと思っています。そいて学校公開日も金曜が多いのです。

さて、本題に入りましょう。

子供の学校公開に私は必ず行くことにしています。今まで一回も欠かしたことはありません。何故か?→2つの理由があります。

まず一つ目。

子供がどんな環境で日々の勉強をしているのか、それを雰囲気的な面(クラスに流れる空気感や生徒同士の係りなど)、そして技術的な面(先生の教え方のクオリティや子供の導き方の手法など)をチェックすることは親の大きな義務だと考えているからです。

では二つ目。

以前からずっと、子供の「いじめ」が大きな社会問題となっています。うちの学校は大きなイジメ問題はありません。しかしこれは、ただラッキーな「偶然」ではない、と私は思います。

息子が通う多摩市の公立の小学校は、学校公開日はもちろんのこと、運動会などの学校のイベント、そして読み聞かせなどクラス単位でのイベントに親の参加度が比較的に高いと言えます。親も一緒に地域の学校に関わっているんだよ、親も学校の中へ常に視線を向けているんだよ、このような目に見えないアクションを子供は敏感に察っしていると思います。

チェック機能というと冷たい感じがするので使いませんが、先生だけではなく、多くの親が子供たちを見ている、係わっている、この姿勢が大人の目の届かない場所で育ってしまう「いじめの芽」を摘み取ることになるのだと私は信じています。そして、この「親の目」も子を思うコミュニケーションの一つだと私は思います。

私は、クラスの読み聞かせにも定期的に参加しています。通常はお母さんたちが行うので、父親が現れるだけでクラスは大事件みたいになります(笑)

優しい声で絵本を読み聞かせるのはお母さんたちの方が長けているので、私は思いっきり違うことをしています。

例えば、3月に予定されている私の読み聞かせでは、白紙10ページくらいの画用紙で出来た冊子を作って持って行こうと計画しています。「この絵本を読みま~す」と言ったとたん子供達からは「え~、絵も文字もないよ~」という声が聞こえてくるでしょう。「そうだよ~、みんなでお話を作るんだよ~、はいAくん、登場人物は何?人間?動物?」・・・Aくん「じゃぁ象!」、「はい、Bちゃん、象の名前は何にする?」

このような形で、その場その時だけに創られる「この世に一冊だけの何の絵も文章もない最も綺麗で思い出に残る絵本」が出来上がるのです。

この物語を作るような瞬発的創造性のスキルは、むしろ大人に必要なものだと私は思います。例えば突然のプレゼンテーションやスピーチをする機会は、今後は今よりもずっと多く公私のステージで行われていくでしょう。ですのでスピークジムでは、大人の「プレゼンカフェ」と「半日プレゼン突貫」の2コースを開設しているのです。

最後になりますが、定期的に父親が学校に現れるだけでも、生徒のみんな、先生の皆さまと仲良くなれますし、このことは息子にとっても嬉しいことのようです。そして結果的に私の行動が、我が子に学校での居心地の良さを提供しているのであれば、これ以上の幸せはありません。

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 覚えやすく忘れにくい400文トレーニングの「英会話ジムコース」
② 日本初!日本語の講話力をお気軽に得られる「プレゼン・カフェ」
③ 上がらず堂々と自分の意見を発表する練習の「子供プレゼン教室」
④ だいたい2カ月に1回の開催!「日本語プレゼン半日突貫コース」

※ 継続のための格安リーズナブル受講料
※ 暗記したくなるモチベーションの秘密
※ 講話力は机上の学習では上達しません
※ 上がらず堂々と自由に話を出来るよう
※ インプットアウトプットの場数が大事

【スピークジム・コミュニケーション】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
HP①:http://speakgym.com/(新橋スピークジム)
HP②:http://j-speakgym.com/(プレゼン新橋キッズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym

自分の都合で嫌なモノやヒトを排除してしまう怖い癖。

こんにちは。
スピークジムの太田登です。

今日も自宅のリビングでブログを書いています。私の住む多摩市は、先日の大雪がまだ残っていて今日も真冬のような寒さです。

でも空気がピリッとしていて、外に出ると心にも張りが感じられ、なんだかシャキッとします。これも冬ならではの気持ちの良い自然のプレゼントです。

この冬の寒さに関しても言えることなのですが、全てのことには良い面と悪い面があります。冬を悪者扱いばっかりしていて、寒いのは嫌だ嫌だ嫌だ!と言っているだけでは人生は良い方向に進まない、と私は思います。

なぜかというと、自分の都合ばかりで周りの人や物を判断して、自分が嫌なものは受け入れない、という心の癖がついてしまうからです。

冬があるからこそ春が待ち遠しく、そして春のあとには自然が萌え立つ息吹に満ちた初夏がやってきます。そして全ての生命が躍動するような夏がやってくるのです。

と言う事は、この冬の凍えてしまうような寒さにも深い意味があると言うことになります。

寒さはもう単に、悪いもの又は嫌なもの、と決めつけるのは辞めてみて、寒さだけが持つすばらしいモノを常に見ようとする姿勢が大切なのではないでしょうか?

全てのものからポジティブに物事の良い面を探すような視点をいつも持っていると、何気なく存在する周りにある全てのモノから、パワーや勇気をもらえるようになって、人生や未来は必ず輝いていくのです。

ただの英語教室であるスピークジムの塾長が、このようなことをいつもブログに書いているのは、生きていると言う事は何かを常に外へ向けて発信していると言う行為であると信じているからです。

逆に言いますと、外へ向けて発信とか発表すると言う行為を無視して、または放棄して生きていくと、それは積極的に社会と関わりながら生きているということにはならないのだと思います。

日々、コミニュケーションと言う言葉をテレビやラジオやネットで耳にしたり目にしたりしますが、これは人とただ触れ合うということにとどまらず、人へ何かを与える、もしくは人から何かをいただく、そのような「人である」からこそ行うことができる心の交流がコミニュケーションなのだと思うし、人と係わること=人生であるとも思います。

芳醇なコミニケーションを追い求める教室、豊かな心が染み込んだ英会話の教室、それもスピークジムの一面なのです。

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 覚えやすく忘れにくい400文トレーニングの「英会話ジムコース」
② 日本初!日本語の講話力をお気軽に得られる「プレゼン・カフェ」
③ 上がらず堂々と自分の意見を発表する練習の「子供プレゼン教室」
④ だいたい2カ月に1回の開催!「日本語プレゼン半日突貫コース」

※ 継続のための格安リーズナブル受講料
※ 暗記したくなるモチベーションの秘密
※ 講話力は机上の学習では上達しません
※ 上がらず堂々と自由に話を出来るよう
※ インプットアウトプットの場数が大事

【スピークジム・コミュニケーション】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
HP①:http://speakgym.com/(新橋スピークジム)
HP②:http://j-speakgym.com/(プレゼン新橋キッズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym

スピークジムではない朝活の幹事もしています(^^)v

こんにちは。
英会話と日本語プレゼン・カフェのスピークジム、塾長の太田登です。

私ですね、品川区倫理法人会っていう朝活セミナーで幹事をしているんです。

毎週木曜6:30から五反田駅前のホテル・マイステイズでモーニングセミナーという勉強会を行っているんですね。これが、とっても良い勉強になるんです。

例えば今朝のセミナーの内容です。「ヨンヨンまるまる♬ワンワンワン♬ツカサ~のウィークリーマンション♪♪」、1980~2000年ごろにテレビで流れていたCMをご存知ですか?今朝は、あのテレビCMで御自身が宣伝をされ、一世を風靡したツカサのオーナー社長であった川又幸彦先生の講話を聴きました。

ウイークリマンションで大成功をおさめ、そしてリーマンショックで倒産。裁判につぐ裁判、逮捕も目前に迫って自己破産、そして大病と大事故、そんな苦難にみちた人生を、もう信じられない位のポジティブさで乗り切り、今は量子論で人間の存在性を研究し、会津に自殺ぎりぎりまで行ってしまった人たちなどへ向けたコミュ二ティーを作っている、そんな川又先生の半生のお話でした。

実は、このセミナーなんとなんと無料なんです。

実は、このセミナーで太田も講話をするんです。

いろんな経営者さんや教育者さん、著名な方々の話を朝の脳が活性化している時間に様々な「お話し」を聞いて、その後、コーヒーなどを楽しみながら、その日の講話の感想シェア会も行います。

このシェア会が、人前で定期的に行えるプレゼンやスピーチの練習にめっちゃ効果的なんです。

しかも今朝のシェア会では、ある女性が今日「入籍」をされることを発表されました~💙💚💛このような、心が開いている素晴らしい瞬間にいっぱい立ち合えます!

そんな会なんですが、どうぞご興味があれば超・超・超ウエルカムです。ぜひぜひ品川区倫理法人会のモーニングセミナーに遊びに来て下さい。楽しい会ですよ〜(ˆˆ)/

もう一度、時間と場所を。

毎週木曜6:30~7:30が講話のセミナー

毎週木曜7:30~8:30が感想シェア会

(五反田駅前、ホテルマイステイズ、2階パーティールーム)

スピークジムの受講生さん以外でも、どうぞお気軽に太田にメールで一言いただければ嬉しいです。

PS
品川区倫理法人会へ来られて、スピークジムへの営業などは絶対にいたしません(笑)

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 覚えやすく忘れにくい400文トレーニングの「英会話ジムコース」
② 日本初!日本語の講話力をお気軽に得られる「プレゼン・カフェ」
③ 上がらず堂々と自分の意見を発表する練習の「子供プレゼン教室」
④ だいたい2カ月に1回の開催!「日本語プレゼン半日突貫コース」

※ 継続のための格安リーズナブル受講料
※ 暗記したくなるモチベーションの秘密
※ 講話力は机上の学習では上達しません
※ 上がらず堂々と自由に話を出来るよう
※ インプットアウトプットの場数が大事

【スピークジム・コミュニケーション】
〒105-0004東京都港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館4階フィルポート内(新橋駅徒歩3分)

メール:kanarazuhanaseru@gmail.com
HP①:http://speakgym.com/(新橋スピークジム)
HP②:http://j-speakgym.com/(プレゼン新橋キッズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Managed by Speak-Gym