300文を覚えて話せるようになる英会話ジム・カジュアルに人前でのスピーチや発表に慣れるプレゼンカフェ・大人とキッズと子供・コミュニケーション教室・新橋駅前

話すことによって英会話を学ぶ
気軽に日本語プレゼンの上達
キッズの発想と発表の教室も

スピークジムの一番人気コース!初心者の方が安心して効果的に英会話を学べるスピーキングのクラス

【①英会話ジムコース】400文をベースに英会話を!

①英会話ジムコースでは、400文を20レッスンで覚えます。

ベースとなる400文を覚え、それを元に英会話を話せるようになるコースです。

このコースでは、覚えやすく忘れにくい文章暗記に焦点を置いています。

では、どうやってなるべく簡単に暗記をしていくのか?
そして、どうやって暗記した文章の記憶を持ち続けるか?

この2つの「どうやって?」を公開できる範囲でご紹介いたしましょう。

突然ですが、今までに観た映画を1本を思いだしてみて下さい。これから、 その映画について3つの質問をいたします。

①「タイトルは何ですか?」
②「登場人物名を何人か言えますか?」
③「では、あらすじを教えて下さい?」

もし、好きな映画や印象に残っている映画を思い浮かべていた場合、上の3つの質問には簡単に答えられたと思います。

これは、人のロジカルな記憶はビジュアルに基づいている側面がとても大きいことを示している、と私は思うのです。

映画タイトルや登場人物名やあらすじは、ロジカルな(文章的な)記憶です。

強い印象が残っている好きな映画の場合、ロジカルな記憶とビジュアルの記憶が一緒にインプットされているので、ビジュアルが頭にまず浮かび、同時に「あらすじ」などロジックも思い出せるのです。

しかし、好きでない映画だった場合は、映画のとぎれとぎれのシーン(ビジュアル)は出てくるけれど、そのビジュアルの情報がロジカルの(文章的な)情報を引っ張り出すツールになっていないということです。

①の英会話ジムコースはここに着目しています。

要は、イラストや写真を観ながら英会話文を創造し話していただくのです。ここに実際のイラストをお見せできないのが残念ですが、可能な限り文章でご説明いたします。

1枚の簡単なイラストで15文が覚えられるようになっています。1レッスンで1枚のイラストを使います。

たとえば、、、。

01 「It is rainning outside.」
02 「I will give you this gift.」
03 「I bought the TV today.」
 ↓ ↓ ↓
13 「How many oranges did you eat ?」
14 「The cup is broken.」
15 「Your smartphone is getting wet.」

上の文章だけ見ると、文と文の間には関連性がありません。 しかし、当コースのイラストの中には「あるストーリー」が流れていて、イラストが15個の文章を暗記する手助けになるのです。

映画の例と同じで、ビジュアルとロジカルを同時にインプットしていきます。

そして、レッスン後も「その日の1枚のイラスト」を見ながら、付随する15の文章を覚えるプロセスを踏んでいくと、イラストを見ただけで15の文章がよみがえってくるようになります。

暗記した文章を強い記憶として納めるために「英会話ジムコース」でおこなうトレーニングにはもう一つのオリジナルの手法がございます。もう少しだけ説明させて下さい。重要なコンセプトです。

スピークジムの当コースでは、60分のレッスンの内、20分位を発表→アウトプットにあてています。

回によって異なりますが、その日に暗記した文章を、または前週に暗記した文章を、クラスメイトの人前に出て発表をして頂きます。

これを毎回のレッスンで繰り返していくと、受講生さんのマインドが変化していきます。

発表があるから覚えなくてはならない。
  ⇩ ⇩ ⇩
発表をしたから忘れなくなってきた。
  ⇩ ⇩ ⇩
発表そのものが楽しくなってきた。

この楽しさを感じるようになってしまえば、英会話文はどんどん覚えることが出来ます。そして、暗記した文章を何時でも取り出せるようになり、単語を少しだけ変えることにより、相当な量と質の英会話が話せるようになります。

いままでも「中学校くらいから英語を学びなおしたい!」という声をよく耳にしてきました。

でも、周りを見渡してみると、大人の英会話初心者の方が安心して、そして効果的に英語を基礎から学べる英会話教室が本当に少ないことに気がつきました。

例えば、大手さんの英会話スクールの初心者コースを考えてみましょう。

いきなりネイティヴの講師さんが応対してくれます。数年前までならば、ネイティヴの人に慣れるということだけでも有意義であったのかも知れません。しかし2017年の今、ネイティブの人に慣れるだけで満足するような風潮はもう皆無です。

また、中学校レベルの英語を基礎から学び直したいと思ったとしても、実際に中学生が通う英語塾に飛び込むわけにも行きませんよね(^^)


おまけ・・・

この人前での発表の場数を踏むと、日本語でのプレゼンなどで人前で話しをする際に、前よりも度胸がついたり上がらなくなる!といった副次的な効果も期待できます。

英会話ジムコースの時間割とシステム

英会話ジムコース(月A)
 ➡月曜19:30より1時間
英会話ジムコース(月B)
 ➡月曜20:00より1時間
英会話ジムコース(月C)
 ➡月曜20:30より1時間
英会話ジムコース(水A)
 ➡水曜 7:00より1時間
英会話ジムコース(水B)
 ➡水曜 7:30より1時間
英会話ジムコース(土A)
 ➡土曜12:30より1時間

(どの曜日・時間帯にも参加OK。頻度も自由の回数券制)


基本的に大型連休など以外は毎週ともレッスンあり。
平日レッスン日が祝日の場合、そのクラスはお休み。
お休みをした場合の振替レッスンのシステムもあり。
例外的に 早朝ジムは7:00か7:30からの参加が可能。

今後のレッスンカレンダーは半年ごと紙媒体で配布。

 

お問い合わせ

お問い合わせ・ご質問は、
メールでお願い致します。
メールアドレス:
kanarazuhanaseru@gmail.com

↑ PAGE TOP